Wandering

lyrics and music by Nao'ymt

急に振り向いた君が
口にしたふたりの未来
思い描こうとしたけれど
春風が攫ってゆく

I'm still wandering
I'm still wandering
こんな孤独にも
慣れたつもりで
I'm still wandering
I'm still wandering
今もまだ君を
探している

わずかな沈黙さえ
いつしか熱を奪う
支えられ見えずにいた
小さな背中は振り返らず

I'm still wandering
I'm still wandering
こんな孤独にも
慣れたつもりで
I'm still wandering
I'm still wandering
今もまだ君を
探している


なんてありふれた世界
ただ、君がいないだけ
視線落とした足先
時を越えてひらり
終わり告げる
桜の花びら

I'm still wandering
I'm still wandering
隙間埋める日常の
不似合いな忙しさも
君のいないさびしさを
いっそう加速させるだけ

I'm still wandering
I'm still wandering
明日もまた目が覚めて
君を消す術探して
繰り返して繰り返して
まだこんなにも好きなのに

Beautiful

lyrics and music by Nao'ymt

ものの芽誘う
東風はのどけし
散る花運ぶ
遠き木洩れ日

How beautiful
How beautiful
How beautiful
How beautiful

幾とせ失せず
巡る世心
戯れ更ける
いつのおぼろ夜

How beautiful
How beautiful
How beautiful
How beautiful

Scenario

lyrics and music by Nao'ymt

既視感と天気雨
見渡せばひとりだけ
突然の向かい風
意思に反して閉じた目

にじみ出るような静寂
取り戻した景色は
なぜか僕を
どうしようもなく不安にさせた

声の限りに叫んで
ようやく霧が晴れて
見えた世界は影絵

ずっと走っていた
ずっと走っていた
なにか一つでも
証が欲しくて
Why Why Why Why
Why Why Why Why
Why Why Why Why
"Because it's your scenario"

煤を払う、戸を叩く
右へ倣うという堕落
抜け出そうとして足掻く
また妨げる摩擦
いびつだって自覚して
だからいつでも伏し目
なんで笑う
君を嫌いになりたくないのに

手を伸ばしかけ止まる
なんて美しい余白
何も描かずに閉ざす

ずっと走っていた
ずっと走っていた
なにか一つでも
証が欲しくて
Why Why Why Why
Why Why Why Why
Why Why Why Why
"Because it's your scenario"

Even if my finish line isn't in sight
I just keep on running

I just keep on running

ずっと探していた
ずっと探していた
なにか一つでも
答えが欲しくて
Why Why Why Why
Why Why Why Why
Why Why Why Why
"Because it's your scenario"

Frequency

lyrics and music by Nao'ymt

Our heart rates begins to synchronize
You take my pain away

I feel like all are initialized
Cause it's a serene day

I watch you as you sleep
No one but you and me
I watch you as you sleep
In the same frequency

Our heart rates begins to synchronize
You take my pain away

I feel like all are initialized
Cause it's a serene day

I watch you as you sleep
No one but you and me
I watch you as you sleep
In the same frequency

I watch you as you sleep
No one but you and me
I watch you as you sleep
In the same frequency

Spring Reminds Me of You

lyrics and music by Nao'ymt